シンポジウム「iPS細胞がつくる未来の健康」(主催・那覇市医師会、京都大学iPS細胞研究所、特別協賛・OTMグループ)が24日、那覇市であった。人工多能性幹細胞(iPS細胞)を開発しノーベル医学生理学賞を受賞した山中伸弥京都大教授が、iPS細胞の医療での応用について説明。