北朝鮮の拉致問題について考える「国民の集い」が24日、那覇市内で開かれた。政府拉致問題対策本部、沖縄県、那覇市が主催し、県内では初開催。県出身34人が拉致の可能性を排除できない行方不明者とされており、家族が問題解決に向け、協力を求めた。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。