【八重山】夏の訪れを告げる「日本最南端! 八重山の海びらき2019」が24日、与那国町のナーマ浜で開かれた。時折小雨が降り気温も19度ほどの肌寒さだったが、子どもたちは大はしゃぎ。ヨナグニウマも登場し、日本最西端のビーチに笑顔が広がった。八重山ビジターズビューロー主催。

「日本最南端! 八重山の海びらき」で、ヨナグニウマにまたがり笑顔を見せる子どもたち=24日、与那国町・ナーマ浜(新垣玲央撮影)

 与那国島伝統の「棒踊り」「ミティ唄」で幕開けし、久部良の小中学生が「海の季節が今日、ここ、どぅなんの島の久部良から始まります」と海開き宣言した。 勢いよく海へ飛び込んだ子どもたちは投げ入れられた果物を集めたり、ヨナグニウマにまたがったりと海を満喫。久部良小2年の砂川りこさん(8)は「少し寒いけど初めて海で馬にも乗れ、楽しかった。夏が始まったら、もっと海で遊びたい」と笑顔を見せた。