3月闘牛の第4弾、本部闘牛大会(主催・本部闘牛組合、後援・沖縄タイムス社)が24日、本部町の多目的闘牛場であり、闘牛ファンや家族連れが猛牛の激戦に大きな声援を送った。 大会の「封切特番戦」では先場所の白星で気分上々の若牛同士、琉仁シロヒゲと田空(でんくう)号が連勝を目指して激突。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。