今秋の仁川アジア大会、世界選手権(カザフスタン)代表選考会を兼ねた重量挙げの全日本選手権最終日は25日、岩手県の奥州市江刺中央体育館で行われた。男子105キロ超級の沖縄国際大1年、知念光亮(豊見城高出)はスナッチで168キロを挙げ、自身が3月に樹立したジュニア(20歳以下)記録を更新した。