太平洋戦争時、旧南洋群島で犠牲になった沖縄県関係者の墓参を続ける南洋群島帰還者会の会員らが25日、「第45回南洋群島・慰霊と交流の旅」に向けて那覇空港を出発した。  今回の参加を見送った会の関係者や家族など、多くの人が見送りに駆け付けた。