米軍普天間飛行場に配備されたオスプレイの低周波音がCH53ヘリに比べて最大約20デシベル高いことが、琉球大の渡嘉敷健准教授(環境工学・騒音)の調査で分かった。  16日午前9時16分にオスプレイ、同28分にCH53が離陸した時の騒音を、普天間第二小学校屋上で測定した。