共同通信 ニュース

主要競技団体、任期制限で要望書 役員上限「10年」に反発拡大

2019年3月25日 23:02

 国が策定する競技団体の運営指針「ガバナンスコード」で理事の在任期間の上限を原則「10年」に制限する案が出ていることを受け、全日本柔道連盟や全日本スキー連盟などの主要競技団体が「組織運営に支障をきたす可能性もある」として、慎重な検討を求める要望書を国に提出していたことが25日、複数の関係者の話で分かった。「10年上限案」を巡ってはスポーツ界から「混乱する」などと異論が相次いでいる。

 日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長

 25日の国のスポーツ審議会では、日本サッカー協会の田嶋幸三会長もスポーツ庁の案に異論を示し「全く国際競争力のない団体をつくってしまうということになりかねない」と懸念を表明した。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

共同通信 ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS