【名護】屋我地島の我部区や饒平名区の畑地や丘などで特定外来植物でつる性の「ツルヒヨドリ」(キク科)が繁殖し問題となっている。22日には同島5区の区長会の要請で、市議会の経済建設常任委員会委員7人がツルヒヨドリの繁殖地を視察した。

木々にはって繁茂しているツルヒヨドリ

ツルヒヨドリの群生地で説明する眞喜志我部区長(写真左から3人目)=22日、屋我地島の我部地内

ツルヒヨドリが確認されている場所

木々にはって繁茂しているツルヒヨドリ ツルヒヨドリの群生地で説明する眞喜志我部区長(写真左から3人目)=22日、屋我地島の我部地内 ツルヒヨドリが確認されている場所

 沖縄生物学会の島袋徳正さん(69)によると、ツルヒヨドリはつるが1日約10センチ伸びる。11~12月にかけてタンポポのような綿毛の花が咲き、一つの花で5、6個の種子を持ち発芽すると1年間で20メートル四方に広がる。根絶しなければ森一つ分を覆い尽くすといい、侵略的外来種ワースト100に数えられている。

 国内でツルヒヨドリが最初に確認されたのは1984年、県内のうるま市天願川河口付近。屋我地島では2018年6月に我部区で見つかった。今年1月には饒平名の遊休地や我部内の通称「大袋」の2カ所で、ウコンを栽培している玉城高享さん(77)が発見。「見たことがない植物だったので我部公民館へ問い合わせ、眞喜志克也区長がツルヒヨドリと確認した。話は聞いていたが大変な事になった」と興奮気味に話した。

 屋我区や済井出区などでは現在見つかっていないが、視察に参加した済井出区の金城薫区長は「これは屋我地島全体の問題。地域住民はもとより農家の皆さんは危機感を持つべきだ」と話した。

 2日、サトウキビに絡まったツルヒヨドリを剥がしたという眞喜志区長は「早めの撲滅を期待するが1、2回だけの駆除では無理と思う。農作物の被害は農家だけのことではない。屋我地島から根絶しないと綿毛の花が風に吹かれて島外へ飛び火する。今後、役所が駆除するため除草剤を散布するので地域住民や来島者は茂みに立ち入らないように」と注意を呼び掛けた。(玉城学通信員)