22日に那覇市立高良小学校を卒業した黒木駿さん(12)は、憧れの兄・優斗さん(18)のお下がりのランドセルを6年間使い切った。本土からの引っ越しや肩ベルトが切れたり、前ポケットの剥がれたりするなど何度も「買い替えの危機」をくぐり抜け、兄弟に12年間背負われてきたランドセル。