県自立生活センター・イルカのメンバーら18人が26日、国際通りや周辺の店舗などに、聴覚や言語に障がいがある人たちがイラストや文字を指して意思疎通をしやすくする「コミュニケーション支援ボード」を配った。