フィリピンの首都マニラを中心に水不足が深刻化し、水道会社が大規模な計画断水に踏み切った。約680万人に影響し、2~3カ月は続く可能性がある。断水が1日21時間に及ぶ地域もあり、人々は生活用水の配給を受けようと行列をつくっている。

 フィリピンの首都マニラで水を配給する消防士=13日(共同)

 マニラ東部に水道水を提供しているマニラ・ウオーター社は、水不足の原因をエルニーニョ現象の影響としている。マニラへの水供給源のラメサダムは通常水位が80メートル前後だが、3月に入り70メートルを割った。気象当局によると、1998年以来の低水準という。(マニラ共同)(共同通信)