厚生労働省は26日、戦没者遺骨の身元を特定するためのDNA鑑定について、遺族が希望すれば、沖縄県が保管している約700柱や、同県内各地にある慰霊の塔に収められた遺骨との照合作業を実施する方針を決めた。(共同通信)