「一審に続き、門前払いされた」「裁判所は国の言いなり」-。27日、普天間飛行場の辺野古移設に伴う環境影響評価(アセスメント)手続きをめぐる「辺野古アセス訴訟」の控訴審判決を受け、意見を述べる法的権利を否定された住民側は怒りをあらわにした。