共同通信 ニュース

大関貴景勝が誕生 平成最後、「武士道精神で精進」

2019年3月27日 12:47

 日本相撲協会は27日、大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪で夏場所(5月12日初日・両国国技館)番付編成会議と臨時理事会を開き、東関脇貴景勝(22)=本名佐藤貴信、兵庫県出身、千賀ノ浦部屋=の大関昇進を理事会での満場一致で正式に決めた。

 大関昇進の伝達を受けた貴景勝。両隣は千賀ノ浦親方夫妻=27日午前、大阪市内のホテル

 相撲協会は使者として、出羽海理事(元幕内小城ノ花)と西岩審判委員(元関脇若の里)を大阪市内のホテルに派遣し昇進を伝達。平成最後の新大関となった貴景勝は伝達式で「大関の名に恥じぬよう、武士道精神を重んじ、感謝の気持ちと思いやりを忘れず相撲道に精進してまいります」と口上を述べた。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

共同通信 ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS