【豊見城】豊見城市が、市民延べ約1万8千人の個人情報が入ったハードディスク(HD)を、昨年末の新庁舎引っ越しの際に紛失していたことが27日分かった。HDには、生活保護受給者や臨時福祉給付金などに関する個人情報が保存されていた。市は同日、ホームページに経緯やおわびを掲載し、議会に説明した。