米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設で、防衛省が手続きを進めているキャンプ・シュワブ周辺の漁業制限水域の詳細が判明した。埋め立てを予定する160ヘクタールを覆う広範囲を、常時漁船の操業を禁止する「第1種区域」に設定する。