琉球大学医学部が米軍キャンプ瑞慶覧・西普天間住宅地区への移転計画に合わせ、離島・へき地の患者が滞在できる施設の設置など、地域医療への貢献策を検討していることが29日、分かった。慢性的な欠員が続く離島・へき地の医師確保について力を入れる考えも示している。