在沖米軍トップの四軍調整官を務めるエリック・スミス中将は28日に浦添市内で開いた会見で、米軍普天間飛行場と米軍嘉手納基地で騒音の悪化を指摘する声があることについて「航空機が発する音は変わらないが天候など環境により体感する音が大きくなる可能性があると思う」と述べた。