ドラッグストア大手のツルハ(札幌市、鶴羽順社長)の沖縄初出店となる「ツルハドラッグ宮城店」が28日、浦添市宮城に開店した。昨年9月に同社とフランチャイズ契約を結んだ金秀商事(西原町、知念三也社長)が運営する。

テープカットでツルハドラッグ宮城店の開店を祝う金秀グループの呉屋会長(右から2人目)やツルハの鶴羽社長(同4人目)ら=28日、浦添市宮城

 ツルハの出店エリアは沖縄を含め34都道府県で、28日現在の店舗数は2070店となった。金秀商事は初年度に5店、3年で10店、5年で30店の出店を計画している。

 宮城店はスーパー「タウンプラザかねひで」を改装して開店。医薬品や化粧品、日用品、食料品など約1万2千点の商品をそろえた。また、ツルハ本社で研修を受けた化粧品販売員を配置。金秀商事のスーパーで扱うおにぎりや総菜、弁当も販売している。

 同日の開店をテープカットで祝った金秀グループの呉屋守將会長は「商品によってグループ間の競争も生じるが、お客さまの支持を得られる展開を目指す」と語った。鶴羽社長は「地域に根差した店づくりを目指したい」と話した。