日本の排他的経済水域(EEZ)内での日本と台湾漁船の日台漁業協定に基づく2019年度の操業ルールを決める日台漁業委員会2次会合が、26日から28日未明にかけて東京都内で開かれた。尖閣諸島周辺海域の八重山北方三角水域内での操業ルールを巡り議論を交わしたが合意に至らず、協議継続となった。