88歳のアブラハムはポーランド生まれのユダヤ人。少年時代、死の行列を抜け出した彼は友人の助けで、家族で唯一、ホロコーストを生き延びた。戦後はアルゼンチンに暮らし、「ドイツ」「ポーランド」という恐怖の言葉を発したことはない。 そんな彼の家族は娘ばかり。