【東京】那覇空港を沖縄国際物流ハブとして活用している「ANA Cargo」(岡田晃社長)とヤマト運輸(山内雅喜社長)は30日、東京都内で会見し、両社のネットワークとノウハウを生かした国際物流強化策を発表した。ヤマトは国際クール宅急便の取り扱いを増やし、ANAは使用貨物機を追加投入。