博多土産で人気の菓子「めんべい」を製造する山口油屋福太郎(福岡市、山口毅会長)は4月1日から、沖縄県内限定で「沖縄めんべい 島唐辛子マヨネーズ風味」を発売する。イカ、タコ、めんたいこの海鮮に、県産島唐辛子入りのマヨネーズを加えた。パッケージ表面は、沖縄の古民家やシーサーをデザイン。裏面では沖縄の代表的な行事を紹介し、観光もPRする。

沖縄めんべい島唐辛子マヨネーズ風味を発売する山口油屋福太郎の(右から)高沢浩二課長、藤川博崇部長代理、古賀幸宏工場長、沖縄総代理店の琉球フロントの河野介一社長=28日、沖縄タイムス社

 県産素材を使った「沖縄めんべい」は2品目。海鮮の豊かな風味に、島唐辛子のピリっとした刺激が後を引くが、マヨネーズが生地に練り込まれているため、辛さだけでなく、優しい甘みも感じられる。

 空港や国際通りの土産店など、観光客が多く訪れる場所を中心に販売する。1袋2枚入りの8袋で税込み864円。同社の古賀幸宏工場長らが28日、沖縄タイムス社を訪れ「おやつにもおつまみにもいい。ビジネスマンから国内外観光客まで広くPRしていきたい」と話した。