沖縄タイムス+プラス プレミアム

辺野古海上警備:拘束性が高く実質的に労働 加藤裕弁護士

2019年3月31日 12:10

 労働基準法では、休憩時間は労働者に自由に利用させなければならない。狭い船上にいる辺野古海上警備のケースは、まず拘束性が高い。突発事態に対応する必要も想定される。休憩の実質がなく、手待ち時間(待機中の労働時間)と判断すべきだ。賃金は未払いとなり、労働者が取り戻せる可能性が高い。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください