【沖縄】沖縄自動車道を北上し、沖縄南インターチェンジを過ぎると、左手に真っ黒の巨体が目に飛び込んでくる。市知花のホテル「ロイヤル3」屋上にある高さ10メートルのゴリラのオブジェだ。バブルの影響が残る1992(平成4)年4月の開業時、社長が「とにかく派手に」と設置。以来27年、ゴリラは平成の時代を見つめてきた。(中部報道部・比嘉太一)

ホテルの屋上に設置されたゴリラのオブジェ=沖縄市知花

 4月1日の新元号発表を前に、支配人の伊佐常博さん(47)は「『ゴリラハウス』の愛称で県内外ですっかり有名になった。元号が変わっても知花のシンボルとして大切にしたい」と話している。

 旅館業の許可を得てオープンした92年当時、本土ではバブル経済が崩壊していたが、沖縄ではホテルやゴルフ場の建設ラッシュだったという。

 なぜ巨大ゴリラだったのか-。伊佐さんによると、父でホテル社長の常吉さん(77)が映画「キングコング」からアイデアを得た。

 「映画では巨大ゴリラがニューヨークのエンパイアステートビルによじ登り暴れるシーンがある。父はそこからヒントを得た。とにかく目立つ建物にしたかった」と振り返る。オブジェは県外の業者から1千万円で購入し、沖縄まで船で運んできた。

 目立つようにゴリラの両目に電球を入れ、夜はオレンジ色に光る。「目が動いている」とのうわさが飛び交ったことも。伊佐さんは「苦情が来たことはないし、目も動いていないので安心してください」と笑う。

 近頃はゴリラのような巨大オブジェを設置する店が少なくなった。伊佐さんは「ゴリラは平成のバブル時代を象徴した看板だった。これからも知花地域を見守り続けますよ」と話した。