文部科学省は2日、全国の公立小中学校約12万棟のうち、震度6強の揺れで倒壊の危険が高いのは4月時点で1254棟だったと発表した。耐震化率は昨年比3・6ポイント増の92・5%で、調査を始めた2002年以来初めて9割を超えた。落下対策が必要なつり天井がある体育館などは6222カ所に上った。