警察官を名乗る男2人が3月中旬、沖縄県八重瀬町に住む高齢女性宅を訪ね、「事件の罰金を払わないといけない」などと言って金をだまし取ろうとする事件があった。被害はなかったが、過去に同様の手口で数千万円単位の被害も出ており、糸満署が注意を呼び掛けている。

(資料写真)パトカー

 署によると、男2人は私服で来て糸満署員を名乗ったという。1人は50代、もう1人は30代ぐらいだったという。2人は女性に「あなたの家族が起こした失火事件で罰金を払わないといけない」とうそを言い、30万円をだまし取ろうとした。女性が「お金がない」と答えると、帰っていったという。

 県内では2017年、那覇市の男性が警察官などを名乗る男らに現金約5400万円をだまし取られる事件が発生した。署は「警察官が家を訪ねて罰金を直接徴収することはない。不審に思ったら、すぐ警察に相談してほしい」と呼び掛けている。