第39回沖縄タイムスこども芸能祭(主催・同実行委員会、沖縄タイムス社)の最終日が31日、那覇市久茂地のタイムスホールであり、生き生きとした群舞などが繰り広げられた。

力強く「かたみ節」を踊る子どもたち=31日、那覇市久茂地・タイムスホール(金城健太撮影)

 小さな踊り手たちが軽快な「鳩間節」や愛らしい「汗水節」など多彩な演目をみずみずしく表現した。

 幕開けで「四季口説」を7人で踊った宜野座中学校の宮里琉亜さん(14)は8回目の出演。「幕開けなので明るく踊りたかった。みんな稽古よりも上手だったと思う」と話した。

 公演2日間で、沖縄芸能協会に所属する各舞踊団体の幼稚園児から中学生まで約320人が出演した。
 

3日からネットで写真販売

 第39回こども芸能祭の出演者の写真を「沖縄タイムスフォトギャラリーDL」で3日から販売する。スマートフォンやパソコンから手軽にダウンロードできる。閲覧は無料。

 問い合わせは沖縄タイムスデジタル部、電話098(860)3582。