本土復帰前の軍雇用員のアスベスト(石綿)被害救済に向けて、沖縄県は2日までに、所有する「軍雇用員カード」約20万人分を電子データ化する方針を固めた。本年度内に作業に着手し、活用法を検討中の厚生労働省が使いやすいよう整備する。