1日午前8時43分ごろ、沖縄県南風原町津嘉山に住む80代女性から「覆面をした者にお金を要求された」と110番通報があった。何者かが女性の住宅に押し入り、現金約1500円を奪って逃走したとみられる。女性にけがはなかった。

 与那原署が住居侵入と強盗事件として捜査している。

 同署によると、犯人は20~30代で、身長160~170センチの痩せ形。覆面で顔を隠し、包丁のようなものを突き付け「お金を出せ」などと女性を脅した。金を奪った後、住宅から北向け(つかざんトンネル向け)に逃げたという。

 現場は住宅密集地で、近くには小学校や保育園、学童クラブもある。事件発生時、現場から約100メートルにある学童クラブでは児童約20人が外で遊んでいた。クラブは午前9時ごろ、警察からの知らせを受けて児童たちを室内へと避難させた後、全保護者に対してメールで事件について報告した。

 クラブで働く支援員の男性は「子どもたちが遊んでいる場所の近くで事件があって本当に怖い。早く捕まってほしい」と不安そうに話した。

 南風原町役場も同日午前9時ごろ、防災無線などで外出を控えるよう町内に呼び掛けた。