【名護】「米軍普天間飛行場移設問題に係る訪米報告会」(主催・名護市)が4日夜、同市民会館で開かれた。約850人が参加。辺野古への新基地建設反対を直接訴えるため先月訪米した稲嶺進市長と玉城デニー衆院議員は、訪米の成果と課題を踏まえ、今後も新基地建設反対のため、県民が行動していく必要性を強調した。