米海軍のMH60多用途・補給支援ヘリコプターの搭乗員が3日午後9時半ごろ、嘉手納基地からキャンプ・シュワブまでの上空で懐中電灯1個を落下させた可能性のあることが分かった。被害は確認されていないという。米軍航空機による部品などの落下事故は今年に入って5件目。周辺自治体から抗議の声が広がっている。