5日午前9時15分ごろ、日本航空機が乗り入れる全国の主な空港で、航空機の重量バランスを管理するシステムに障害が発生した。出発機に貨物を搭載する計画の作成や重心計算を手作業でしなければならず、欠航や遅れが相次いだ。日航によると、午前11時半現在で、那覇と羽田間の2便を含む6便が欠航を決めた。