宮古島市の宮古空港に接する建設資材置き場で5月31日午後1時半ごろ、沖縄戦で使用したとみられる米国製250キロ爆弾の不発弾が見つかっていたことが分かった。