【伊江】「先生ありがとう」「また伊江島に遊びに来てね」−。村内の3小中学校の児童生徒や保護者、多くの地域住民らが3月28日、村を離れ本島の学校へ赴任する教職員を伊江港で見送った。教職員は花束を手に教え子らと握手し、涙を拭いながら別れを惜しんだ。