県内の書店員が一番読んでほしい本を決定する第5回沖縄書店大賞(主催・同実行委員会)が4日発表され、小説部門で真藤順丈さん著の直木賞受賞作「宝島」(講談社)、沖縄部門で藤井誠二さんの「沖縄アンダーグラウンド」(講談社)が大賞に選ばれた。

大賞を受賞した(前列左から)ヨシタケシンスケさん、真藤順丈さん、藤井誠二さん、準大賞を受賞した(後列左から)オーガニックゆうきさん、JCC出版部の中村万季子さんと幸地均さん、いさお名ゴ支部さん=4日、那覇市牧志・JR九州ホテル・ブラッサム那覇

 絵本部門は、大賞がヨシタケシンスケさん著「おしっこちょっぴりもれたろう」(PHP研究所)、準大賞がいさお名ゴ支部さん著「ぼくもあったらいいなぁ」(沖縄タイムス社)に決まった。

 沖縄の戦後史を題材にした真藤さんは「転換点にある時代を小説家として探求する背中を押していただいた」と喜び、浄化運動に消えた「特飲街」をルポした藤井さんは「沖縄で認めていただけたことがうれしい」と語った。お笑い芸人のいさお名ゴ支部さんは、おなじみのヤギのキャラクターで登場し「ほんとかな。エープリルフールが続いている感じです」と喜んだ。

 2018年に刊行された書籍を対象に、県内の20店舗138人の書店員が投票で決定した。そのほかの受賞作品は次の通り。

 ▽沖縄部門準大賞 JCC出版部「絵で解る琉球王国2」(JCC出版)▽小説部門準大賞 オーガニックゆうきさん著「入れ子の水は月に轢かれ」(早川書房)

きょう那覇で 真藤さん講演

 沖縄の戦後史を題材にした小説「宝島」(講談社)で第160回直木賞を受賞した真藤順丈さんの特別講演会(主催・沖縄タイムス社)が5日午後2時から、那覇市松川のノボテル沖縄那覇で開かれる。協力は講談社、ジュンク堂書店那覇店。グレイトヴォヤージュと連合沖縄の協賛。

 講演会は午後1時半開場で、ボーダーインク編集者の新城和博さんとの対談形式で行われる。

 入場料は当日2千円。全席自由。会場では、真藤さんの書籍の販売会もある。直木賞受賞作「宝島」はサイン入り本を100冊用意している。主催者では、バスやタクシーなど公共交通機関を利用するよう呼び掛けている。問い合わせは、沖縄タイムス社営業局企画事業部、電話098(860)3573。