沖縄タイムス+プラス ニュース

米軍「敷地の境界」、抗議テントを撤去 市民「ひどい」

2019年4月5日 08:00

 【東】東村高江の米軍北部訓練場の「N1」地区出入り口前で3日、市民が監視のために使用していたテントや椅子、プラカードなどが在沖米海兵隊によって撤去された。米海兵隊は取材に「地位協定に概説されている権利・法的権限に従い、米軍の敷地の境界にあったため撤去した」と説明した。一方、ヘリパッド建設に反対する市民は「長年の拠点が通知もなく勝手に撤去された。ここは米軍の敷地ではない」と反発した。

(資料写真)北部訓練場

 テントは県道70号の路側帯に2梁(はり)設置。「ヘリパッドいらない住民の会」の女性(58)は、この場所でヘリパッド反対の抗議を12年続けてきた。2015年に「N4」地区入り口前でも、何者かにテントが撤去されたことを振り返り、「発信の場所。私たちには人権がないのかなという思い」と肩を落とした。

 別の女性(48)は「誰がどこに持っていったのか、何も説明がなかった。力ずくでの排除がまかり通る現状に危機感を感じる」と怒りの声。抗議市民の男性(48)は「米軍に持っていく権利はないし、やり方に疑問を感じる。ひどい」と憤った。

 一方、米海兵隊は「18年6月以降、沖縄防衛局と撤去を協議していた。所有者は、撤去物について防衛局に主張することができる」としている。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS