沖縄タイムス+プラス ニュース

衆院3区補選 辺野古で賛否鮮明 立候補予定の島尻・屋良氏に聞く

2019年4月7日 05:10

 21日投開票の衆院沖縄3区補欠選挙に立候補を表明している自民党公認で元沖縄担当相の島尻安伊子氏(54)=公明推薦=と、無所属で「オール沖縄」勢力が支援するフリージャーナリストの屋良朝博氏(56)が6日までに本紙のインタビューに応じた。主要争点の一つである名護市辺野古の新基地建設の是非に関しては、島尻氏が容認、屋良氏が反対として、主張が割れた。最重要政策として島尻氏は子どもの貧困対策、屋良氏は普天間飛行場問題を挙げた。

 島尻氏は県の県民意識調査で重点施策として「子どもの貧困対策」が最多の約42%に上ったことに言及。次期沖縄振興計画に福祉、子育てなどの具体的な施策を盛り込み「沖縄の実情に即したきめ細かな支援策を実施する」との考えを示した。沖縄自動車道へのインターチェンジ新設など渋滞対策にも取り組むとした。

 屋良氏は新基地建設によらない普天間飛行場の返還は可能だとし「普天間の機能をどこかに移せばいい。できることはたくさんある」と述べた。また、海兵隊の駐留が沖縄でなければならないとの全国の意識を変える作業に取り組む考えを示した。沖縄振興に関しては予算の一括計上を含め精査する必要性を指摘した。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS