今年で開館30年を迎える糸満市のひめゆり平和祈念資料館(普天間朝佳館長)は6日、ひめゆり学徒隊の11歳~90歳の遺族や関係者55人を招き、学徒の足跡をたどるフィールドワークを初めて実施した。30周年記念事業の一環で、元学徒の生存者ら証言員との交流会も初開催。