システム開発のレキサス(うるま市、比屋根隆代表)とエルバホールディングス(長野県、副島直子社長)は、スマートフォンやタブレット端末のカメラを通して、現実世界の映像に3次元の物体や音声・文字情報を映し出すAR(拡張現実)を活用した絵本を販売している。