カレーに含まれるスパイスが大気汚染を引き起こす微小粒子状物質「PM2・5」による呼吸器の炎症を抑制することをヒトの細胞への実験で確認したとハウス食品が発表した。京都大教授との共同研究による成果。今後もカレーが健康に与える影響を研究し、消費拡大につなげたい考えだ。

 左上から時計回りに、クローブ、ウコン、ケイヒ、コリアンダー

 ハウスによると気道の細胞を使った実験でクローブ、ウコン、ケイヒ、コリアンダーの4種類のスパイスがPM2・5による炎症を抑える効果を確認した。カレーを実際に食べることで炎症を抑えられるかどうかは、まだ確認できていない。

 PM2・5は粒子が小さく、肺の奥まで入って呼吸器系疾患を引き起こすとされる。(共同通信)