県警は9日、衆院沖縄3区補選に関連した違法掲示物40件の撤去をそれぞれの選挙事務所に警告したと発表した。前回衆院選は23件で17件増えた。パトロール中、電柱やガードレールに取り付けたのぼりやポスター、横断幕を見つけて各事務所に警告した。事務所側は「撤去する」と応じたという。捜査2課は「公平公正な選挙実施に向け継続して取り締まる」としている。