【豊見城】市豊崎の豊崎海浜公園「美らSUNビーチ」が7日、海開きした。テープカットなどのセレモニーの後、子どもたちがいっせいに海に飛び込み、歓声を上げながら水上宝探しゲームに興じたり、初泳ぎを楽しんだ。

バシャバシャと水しぶきを上げ、歓声を上げながら初泳ぎを楽しむ子どもたち=7日、豊見城市・豊崎海浜公園美らSUNビーチ

 この日は快晴となり、絶好の海開き日和。公園を管理するT・S・P管理共同企業体の川平恵次郎代表はセレモニーで「最高の海開き日を迎えられた。美らSUNビーチは那覇空港から近いビーチで、多くの方に利用してもらっている。市民、子どもたちや障がい者、高齢者に安心安全な公園づくりを第一に目指している」とあいさつした。

 山川仁市長は「美らSUNビーチは海水浴だけでなくマリンレジャーやバーベキューも楽しめる。海のシーズンが到来し、ビーチが元気な歓声に包まれ、活気づくことを楽しみにしている」と期待した。

 市立豊崎小の子どもたちは「私たちはこのビーチで、ことしもたくさん元気いっぱい遊びます」と宣言した。

 家族と訪れた豊崎小5年の久保陽翔(はると)さん(10)は「水が冷たかった」と初泳ぎの感想。「家が近くなので、たくさん泳ぎに来たい」と話していた。