沖縄美ら海水族館(沖縄県本部町)は11日、深海に生息するヤドカリ「ウスイロニセホンヤドカリ」の国内で初めての展示を開始したと発表した。同館の「深海の小さな生き物」エリアで5月6日まで2個体を展示する。

国内初展示されたウスイロニセホンヤドカリ(海洋博公園沖縄美ら海水族館提供)

 ヤドカリは、同水族館を管理運営する沖縄美ら島財団が2018年5月に行った深海生物調査で、伊江島沖水深620メートルに仕掛けわなに4個体が偶然入っていた。これまでインドネシアで発見され、ニューカレドニアとオーストラリアでの採取記録はあるが、日本での採取は初めて。体の色が白っぽく、ホンヤドカリ属に形態が似ていることから、ウスイロニセホンヤドカリと命名した。

 今回の捕獲・飼育で体色や肉食であること、性質はおとなしいことが判明。大きさはハサミ脚から尻尾まで約10センチと大型で、宿貝にイソギンチャクの仲間を共生させているのも特徴という。

 同財団の東地拓生さんが、島根大学エスチュアリー研究センターの大澤正幸さんと共同で、甲殻類の専門誌に日本初記録となるウスイロニセホンヤドカリに関する報告論文を発表した。