新書「沖縄のまじない」を発刊した山里純一さん。フーフダ(呪札)、ムンヌキムン(魔よけ)、雨乞いなど、沖縄のまじない文化を、丹念な調査で網羅している。「意外な発見があるのがフィールドワークの醍醐味(だいごみ)」と語る。珍しいハブよけの札を、サトウキビ畑をかき分けて見つけたこともあるという。