共同通信 ニュース

ドーピング検査で早急な対策要望 スポーツ庁、医薬品への混入巡り

2019年4月12日 19:50

 レスリング男子のトップ選手が服用したジェネリック医薬品(後発薬)に本来含まれていない禁止物質「アセタゾラミド」が混入し、ドーピング検査で陽性反応が出た問題で、スポーツ庁は12日、同様のケースで過失のない選手が違反に問われることがないよう、早急な対策を求める書簡を世界反ドーピング機関(WADA)に提出したと明らかにした。日本アンチ・ドーピング機構(JADA)もWADAに提言を出した。

 医薬品に、本来含まれていない禁止物質が混入した例は米国などでも発生しているという。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

共同通信 ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS