沖縄タイムス+プラス プレミアム

ドローン規制、にじむ米軍への配慮

2019年4月13日 16:45有料

 【東京】ヘリコプターや小型無人機ドローンを使った米軍基地上空からの撮影に対する防衛省のこれまでの対応には、日米同盟を結ぶ米側への配慮がにじむ。 名護市辺野古の新基地建設では、土砂投入など「節目」には多数のヘリやドローンが上空を飛ぶため、沖縄防衛局が報道各社に書面や口頭で再三自粛を要請。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気