13日午前7時25分ごろ、北谷町桑江のアパートで「トラブルがあるようだ」と110番通報があり、寝室のベッドの上で血を流して倒れている男女2人の死亡が確認された。男性は在沖米海兵隊所属の海軍兵(32)で、女性(44)はアパートに住む日本人で男性の交際相手とみられる。県警は2人の死因や、トラブルの有無を調べている。

パトカー(資料写真)

 捜査関係者によると、海軍兵が女性の首付近を刃物で刺して殺害し、その後自らも刃物を使って自殺した可能性がある。

 県警によると、海軍兵は12日夜からこの部屋にいたという。刃物はベッド上にあり、女性宅に外部から侵入した形跡はない。部屋には女性の娘もいたが、けがはなかった。

 県警は「事件性が高いものの被疑者が特定できず、容疑も断定できない」とし、現段階で氏名は公表していない。14日以降に司法解剖して死因など詳しく調べる。

 発生時刻は13日午前5時~6時とみられる。

 現場は商業施設や飲食店などが並ぶ国道58号に近いアパート。

 秋葉剛男外務次官は13日午後、ウィリアム・ハガティ駐日米国大使に抗議し、捜査への協力を求めた。ハガティ大使は「捜査に全面的に協力する」と応じた。