内閣府・生命倫理専門調査会の作業部会は15日、会合を開き、「ゲノム編集」技術を使って遺伝子を改変した人の受精卵を子宮に戻すことを法律で規制するよう関係省庁に提案することを決めた。

 一方で、受精卵を体内に戻さない基礎研究は容認し、指針で対応するとした。遺伝性の病気の研究のため、不妊治療で余った受精卵にゲノム編集技術を使うことなどについて、個別に審査する仕組みをつくるべきだとした。

 政府は当初、ゲノム編集の臨床応用について、倫理指針で規制する方針だった。しかし中国で研究者がゲノム編集を受精卵に用い、双子を誕生させていたことを問題視し、法制化が必要と判断した。(共同通信)